地盤補強工事の種類

軟弱地盤やバランスの悪い地盤の効果的な補強方法

 

1.湿式柱状改良工法

1土とセメントミルクを混ぜ合わせ、土の中に400mm~800mm径の柱状体をつくります。太く大きな柱なので、その摩擦抵抗により家を支えます。土とセメントミルクをいい加減に混ぜ合わせると、まともな柱状体ができません。
柱状改良はていねいな攪拌が命です。

 

 

 

2.乾式柱状改良工法

2乾式柱状改良工法1.の柱状改良工法との違いは施工時に水を使用するかしないかです。水を使用しない為比較的、現場がきれいな状態で作業を終えることができます。
乾式工法は地盤調査のデータなどからその地盤の土の種類、含水の有無など土の状態から慎重な検討が必要です。
水が多い場合や、掘削穴壁が崩壊しないことなどが条件となります。
 

 

3.小口鋼管杭工法

3小口鋼管杭工法硬い層まで、10cm~16cm径の鋼管杭を打ち込みます。杭は硬い層に突き刺さり確実に家を支えます。
この工法は中途半端な施工で杭が硬い層に届いていない場合は、まるで効果がありません。
鋼管杭は支持地盤が命です。
スウェーデン式サウンディング試験の場合その特性に注意が必要です。

 

 

4.表層改良工法

4表層改良工法基礎の下に厚さ1m程度の土とセメント系固化材を混ぜて、人工的に硬く均一な地盤をつくります。
この工法は土とセメント系固化材を混ぜた後、重機で転圧し、地盤を締め固めます。
この時に手を抜くとよい地盤はできません。
表層地盤改良は入念な転圧が命です。